読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

whats up in Istanbul-Tokyo?

イスタンブール&東京 2人組OL 2都市 ウレカワ日常TIPSをお届け!

美味しいコーヒー屋さんが増えましたねぇ。@カラキョイ/ Karaköy

f:id:whatsupistanbul:20170329033722j:plain

ちょっと前まではイスタンブールには美味しいコーヒーを飲めるカフェが少なくて、

その時の気分で入ったカフェには期待せず。ってことが事が多かったのだけど、

最近急に美味しいコーヒーが飲めるカフェがふえましたねぇ。

 

この前、久しぶりにちょっとカラキョイをブラブラ。

カラキョイはカフェがいっぱいで、

美味しいコーヒーが飲めるカフェも比較的多くあるエリア。

が、毎回行く度に新しいカフェが増えている気がする。

 

f:id:whatsupistanbul:20170329033734j:plain

f:id:whatsupistanbul:20170329033726j:plain

f:id:whatsupistanbul:20170329033739j:plain

今回は一緒に行ったお友達のふらりと気分でカフェへ。

店内にはコーヒー挽くマシーン、入れるマシーンもちゃんとあり。

コールドブリューのコーヒーもある。

 

(*因みにコールドブリューとは?

コーヒー豆本来のうまみと香りを引き出す抽出方法。コーヒー豆を直接、水に浸し、長時間ゆっくりと抽出・濾過することで、苦味や雑味、エグみを抑え、スッキリした味わいになるのが特徴のコーヒーらしい。)

 

ふらりと入った割りには期待度が上がるカフェ。

 

一見狭そうに見える店内もテラス席、一階席、二階席と席は割りと多くありそう。

外から見て混んでいても、中を覗くと席も見つかりやすそう。

 

 

f:id:whatsupistanbul:20170329033730j:plain

そして、いつもの如くアメリカーノを注文。

ちゃんと豆の味がして美味しい。濃さも好きな具合。

(残念ながらコーヒーの写真は撮り忘れ。)

デザートも中々美味しそう。

 

カラキョイには他にも美味しいコーヒー屋さんがあるけれど、

コーヒーが飲みたい時のリストにここも追加。

 

 

LOL Coffee Roasters

Add.: Kemankeş Karamustafa Paşa Mahallesi,

Kılıç Ali Paşa Mescidi Sokak, No 8, Beyoğlu, İstanbul, Turkey

Tel: 0546 790 5015

 

 

OL☆Z

 

 


 

ワンコインケーキセット@高津 TAKATSU

本日は、高コストパフォーマンスのお店のご紹介。

高津駅からすぐにある、パティストリーPark。

f:id:whatsupistanbul:20170320224224j:plain

こちらのお店の名前は、ヨーロッパで修行をしたというオーナーパティシエの名前の英語読みが由来だそう。

 

店内はこじんまりとしているのですが、ケーキ、パン、焼き菓子にチョコレート、メレンゲ菓子にアイスクリームと様々なお菓子を販売しており、小さなイートインのスペースまであります。

お値段も全体的に非常に抑えられており、かなり良心的です!!!

 

今回は、店内でケーキセットを頂きました。

ここのびっくりオススメは、ケーキとコーヒーのセットの場合、なんと500円!!!!

私はブラックが飲めないので、ラテをチョイスしましたが、ラテでも、総計630円という超良心的なお値段!今どきこんなお値段のお店、なかなかないですよね。

f:id:whatsupistanbul:20170320225151j:plain

 上記写真は紅茶のケーキですが、ケーキも物凄く美味しいのです!クリームもすごく軽く、紅茶の香り高く、少しお酒も入っていた気がしますが、ペロりといけます!

勿論、飲み物も、美味しいですよ~(日本には、ハズレっていうのがないですから)

焼き菓子も、しっとりしていて、食べ応え十分だけれど、お値段お安めなので、すごく嬉しい!お気に入りのお店になりまして、贈り物がある時は、次回はこちらで買おうと思っています~。

高津は、乗り継ぎ駅でもないので、なかなか行く機会も少ないと思いますが、溝ノ口からすぐですので、お店に立ち寄るだけの価値のあるお店です。

 

パティスリーパーク

address:川崎市高津区溝口4-6-15 瀧村ビル1F

tel:044-813-6485

 

OL☆No.

 

 


 

何だかクセになる味?@マニサ/ Manisa

お土産で頂いたMesir macunu(メスィール・マージュン)。

f:id:whatsupistanbul:20170315050842j:plain

 

f:id:whatsupistanbul:20170315050933j:plain

キラキラの包み紙に包まれたこのキャンディーはトルコ・マニサ(Manisa)の名物なのだとか。

初めて出会うお菓子だったので、ちょっと調べてみた。

メスィール・マージュンはトルコの伝統的なお菓子で薬の様な効能があるのだとか。

このお菓子はオットマン時代、スルタン・スレイマン(王様)が病気の母のために相談した当時の病院のようなセラピー学校のトップがハーブとスパイスをブレンドして作っていた薬が始まりだとか。

 

詳しくはコチラから。

 

その後、マニサの町のお祭りには欠かせないもの→名物となったらしい。

マニサの町では毎年だいたい3月にメスィール・マージュ祭りがあり、

お餅撒きのように、メスィール・マージュが撒かれるのだとか。

 

因みにマージュはストリートフードとして売られている水あめの様なもので

こちらにはハーブやスパイスは入っておらず甘い味なんだとか。

実際に道端で見かけたことないけど、昔のトルコ映画を見ていると良く出てくるね。

この甘いマージュの始まりはハーブやスパイスの入ったメスィール・マージュなのだとか。

f:id:whatsupistanbul:20170315050856j:plain

 

 

どうも最初の最初のレシピは紛失したみたいなんだけど、メスィール・マージュに入っている現在わかっているスパイスとハーブは41種類なんですって。

下↓のハーブやスパイスが入っているらしい。

f:id:whatsupistanbul:20170315050902j:plain

 

で、肝心のお味は口に入れた瞬間は予想とおり何の味かわからず、う~ん?

そして食べ始めると、あれ?生姜の味がする。このハーブは何だ?これは何だ?

と、気がつくともう一つ食べてたり?

 

完全に好き嫌いの分かれる味かもだが、私はこの味が意外とクセに:)

 

スパイスやハーブのお好きな方は一度お試しあれ。

そして食べるときは歯の詰め物にご注意ください。

 

 

OL☆Z

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生姜飴(生姜キャンディー)
価格:500円(税込、送料別) (2017/3/14時点)


 

のんべい横丁に潜入!-NONBEI YOKOCHO-@渋谷 SHIBUYA

実はOL☆No.、渋谷歴は非常に長いのですが、渋谷のマル秘スポット「のんべい横丁」には今まで行ったことがありませんで、今回帰国と同時に満を辞して(!?)訪問をしてきました。

場所は渋谷の宮益坂のある交差点、みずほ銀行の裏となります。

とても小さな一角だと思っていたら、意外や意外、こじんまりとしたお店ですが、かなりの軒数のお店が軒を連ねています。

 

日中の時間帯には何人か外国人も見学に来ていたり、写真を撮影している人がいたり。

f:id:whatsupistanbul:20170305194102j:plain

 

f:id:whatsupistanbul:20170305194130j:plain

そして今日は、ずっと気になっていた昭和22年創業のおでん屋さん「なだ一」さんへ。

店内は、勿論カウンター席のみ、私は6時OPENと同時に入店させてもらいましたが、おかみさんは6時から支度開始です。

席予約は不可、いつも満席のお店だそうで、あっという間に店内は満席に。

この日は、おかみさんとも初めましてのお客さんともとても距離が近いので、トルコの話で盛り上がりました。

 

やっとおでんも温まってきたところで、一枚写真を撮らせて頂きました☆

f:id:whatsupistanbul:20170305194310j:plain

今回は、新鮮なサザエのお通し、ダイコン、ちくわ麩、白滝、ゴボ天をチョイス。

御出汁が効いていて美味しかった~~

んですけれど、お財布に気持ち余裕がないと、長居できないかも、です。

でも、昨今のお店ではなかなか味わえない距離感で、おでんをつつくのは、他では滅多にできない貴重な経験。

再開発中が進んでいる渋谷ですが、この辺りはどうなるんでしょう??昭和にタイムスリップしたような風情のある一角、ここは残ってほしいですね。

 

 

ちなみになだ一さんは、お店の看板は旧仮名字での表記となっていますので、ご注意を。

 

なだ一

address:渋谷区渋谷1-25-10  / 1-25-10 Shibuya SHIBUYAKU

tel:03-3409-8773

 

OL☆No.

 

有名クルファスリエ屋さん@ファーティー/ Fatih

今日はクルファスリエで有名なと言うか、

クルファスリエ屋さん【Ali Baba】へ。

 

場所はイスタンブールスレイマニエモスク ( Suleymaniye camii )のすぐ向かい。

ここには有名店と同じ名前でお店がずらりと並んでるのだけど、

一番有名なのはモスクを背にして一番左 :)

 

f:id:whatsupistanbul:20170303044427j:plain

 

 

クルファスリエとは白いんげんの煮込み。

トルコでは家庭料理として好きな人が多い一品。

家庭料理、野菜とお肉の煮込み、そしてご飯にかけて食べたりと。

日本で言うところのカレー的な存在かしら?

 

f:id:whatsupistanbul:20170303044423j:plain

レストランのメニューはクルファスリエ、とその他数種のメイン料理と

サイドメニュー、デザートがあり。

 

 

f:id:whatsupistanbul:20170303044946j:plain

 店内の壁には雑誌や新聞で紹介された記事が所狭しと飾られてる。

 

 

f:id:whatsupistanbul:20170303044405j:plain

われわれの注文は勿論クルファスリエとご飯。

そして、トゥルシュ(トルコ版ピクルス)も美味しいとのことからトゥルシュも注文。

 

 

f:id:whatsupistanbul:20170303044505j:plain

ほくほくの白インゲンとちょうど良い濃さのソースが美味しい。

ご飯(バターライス)にクルファスリエをかけて食べると更に美味しい。

ここのトゥルシュは生姜がきいていてとっても美味しい。

通常、トゥルシュに生姜入りは少ないのだがここはしっかりと入っているのが珍しい。

 

トルコに長いこと住んでいる人から聞いたのだが、

ちょっと驚いたことに生姜が市場に普及してきたのはここ数年なのだとか。

近所のスーパーで気軽に入手できるのでトルコの通常のスパイスのひとつかと

思っていたが。

そう言われるとトルコ料理で生姜を使ったお料理はそんなにないかも?!

 

スレイマニエモスクからの絶景を楽しみ(勿論モスクの中も楽しみ)、

クルファスリエを食べてお散歩。

 

天気の良い日が増えるこれからの季節におススメのコース。

もう少し暖かくなってから次はやって来よう!

 

 

Ali Baba Kanaat Lokantası

Add.: Süleymaniye Mahallesi, Profesör Sıddık Sami Onar Caddesi, No 1/3,

Fatih, İstanbul

Tel: 0212 520 7655/ 0212 527 8584

 

 

OL☆Z